セカスミ

世界の片隅で、世間話



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
逆転裁判5、クリアしました。 :: 2013/08/02(Fri)

イッチョヤリマッカー!


発売日に買って、昨日クリアしました。
そこまで考え込まなくて良い難易度。


一言で言うと、オドロキ満載です。
いや、もう、オドロキ君、出番多かったね。
成長してる感が良かったです。

ポリゴンになっているので、いろいろパワーアップ、
みぬきちゃんがかわいくて辛い。
ボウシクンモーションがないのが辛い。
あれ、是非見たかった。
ぱんつは大活躍ですよ。

なるほど君も…よかった。
あふれ出る父性だね。いいね。
ココネちゃんもいいです。
あのデレデレモーションが可愛いのなんの。
自分の髪をなでてデレデレするのがかわいい。

追記でネタバレ感想です。






追記です。
ネタバレ注意。むしろ満載。


第一話

アウチ検事の双子の弟が登場。
ねちねちとイヤラシイ感じが兄貴よりひどい。

ここでは、ナルホド君が弁護します。
第一話はやっぱりよみがえる伝説ですね!

バラシマさん、それほど嫌いになれない犯人でした。
つぶらな目がカワイイですね。

オドロキくんが爆発に巻き込まれて大けが。
よくわからないジャケットを羽織って登場。
どうしたオドロキ君、中二病をこじらせんか!と不安になりました。

あと、しのぶちゃんらぶりー。

第2話

金毛白面九尾の狐!
グレート九尾の正体にびっくり。
そうきたか…。

第2話弁護人はオドロキ君。
ユガミ検事も初登場。
いなせだねェ…。

みぬくシステムもインチキ呼ばわりで、
探偵パートしか使えなくなりました。
前作で問題になったもんね…。

犯人の美葉院さんも好きですね。
なかなかゲスでキモイ。
なんでこう、自称美人をここまで気持ち悪く出来るのか。
スタッフに尊敬を贈ります。

でも、気持ち悪くするの、楽しいかもしれませんね。
天魔市長大好きです。
ゆめみちゃんもカワイイですね。
お札を貼られた後、しばらくお札がゆれているのがいい。
3DSならではですね。

たぬきかわいいですたぬき。
たぬきのデレモーションもかわいいですね。

第3話

いろいろ問題だらけの第3話。
だれ、この子と思ってたらしのぶちゃんでした。焦る。
アツイ男の子だな、オドロキ君みたいと思ってたら女の子でした。
クールな高校生だなーと思ってたら7浪してる25歳でした。

いろいろ焦りました。

チシオちゃんが一回転するモーションがカワイイ。
ダ・メ・ダ・ゾ!があざとい。

ガリュウ検事も登場しましたね。
なにあのおデコに対するデレ期。
オドロキ君がちょっとウザそうにしてるのがよかったです。
ステージ衣装をみて、まじラミロアさんだ!と興奮。
意味も無く、みぬきちゃんに突きつけて遊びました。
何の反応も無かったけど。

オドロキ君の着メロ、ラミロアさんの歌でしたね。
ラミロアさんの歌、相当お気に入りなんだね…。
前作ではラブ・ラブ・ギルティーだったけど。

探偵パートの窓から番刑事が出てきて、
「ジャースティース!」
がカワイイ。ココネちゃんも
「ジャースティース!」
ちょっとついて行けないガリュウ検事がおもしろい。

第3話の弁護人はココネちゃん。
今回はいろんな弁護人が使えるのが良いですね。

容疑者は最初から検討付いてたので、さくっとクリア。
法廷に黒板持ってきて、黒板にいろいろ書いているのがいいですね。
あと、笑顔がキモイ。

ラストのアニメで恋するギターのセレナーデを演奏するガリュウ検事が見られるのは、
このゲームだけ!
しかし、曰く付きの曲なんだけどなぁ…。

第4話

ギャクサって、ギャクサって…。
この頃はやりの宇宙飛行士ネタかーと思ってたら、意外な方向に飛んでいくことを、
まだ知らなかったこの頃。

ロボットのポンコちゃんがかわいい。我が家にも一台!!
オドロキ君が羽織っているなぞのジャケットの秘密も明らかに。
オドロキ君の過去が少し明らかになるぞ!

第4話の弁護人はオドロキ君。
でも短い印象。

爆発オチというこのシリーズ初の試みがなされました。

第5話

初の成歩堂親子の探偵パート。
あの名言「みぬきにはかなわないなぁ…」が出ました。
でもみぬきちゃんてきには、オドロキくんがとても心配な様子。
いいぞ、もっとやれ。

あれこれあった末に、オドロキ君に出て行かれ、ココネちゃんは被告人としてしょっ引かれ、
みぬきは立てこもり犯に人質にされ、一人になったナルホドくん。
そこで懐かしのハミちゃん登場。
チヒロさんに似てきましたね…かわいいなぁ。
モーションがマヨイちゃんに似てますね。かわいいなぁ…。

前作で登場した黒いサイコ・ロックのなぞも解明される第5話です。

心が落ち込んだときは、アヤサトの女の子がいいですね。

そして、前半戦の検事は検事局長に出世したミツルギ検事です。
眉間のしわが深いのがわかります。
とりあえずお前ら無駄に異議あり!連呼すんな。異議ありケンカか、仲良いな。

ミツルギの「そこのたぬき型ロボットの…」で
どら○もん!?ってなりました。
「…タヌ子が見たのだ!」
タヌ子て、タヌ子て。
ポンコちゃん捕まえてタヌ子て。
相変わらずのセンスです。

あと、美的センスで喧嘩すんな。

なるほどくんが弁護士バッチを取り戻す決意をした理由は、
ミツルギ検事に「弁護士として法廷に戻ってこい」と言われたからとか何とか。
相変わらず、理由がミツルギのためなナルホド君。

そもそも弁護士になったのも、ミツルギに会いたいから、だったしね。

ユガミ検事、そしてココネの過去が明らかになる第5話。
今年のコミケはユガミ検事とココネちゃんの本が増えます様に…。

真犯人の正体に、嘘だろやめてくれと思える第5話。
ジャスティスがジャスティスじゃないとは…。
真顔の彼はとってもカッコイイので、是非。
ナルホド?に化けたときのゲスな顔も、最高にカッコイイので是非。
ジャスティス大好きですよ。…大好きです。

総評

やっぱりオドロキパラダイス。
オドロキファンとしてはいろんなオドロキ君がみれてとても良かったです。
デザインを一新したナルホド君もとってもステキです。
年下に、「いいかげんにしろよ、オッサン」と言われているのもなおステキ。
前作で消化不良だった部分を無難にまとめて補足したのはとてもよかった。
そして6にも期待がかかります。

どう考えてもあの信号機弁護士は、
青→主人公
黄→もう一人の主人公
赤→ヒロイン

ココネちゃんが男前なんですね、きっと。
本当はちゃんと主人公格だったと言ってあげたいけど、
今回の君の役回りは、やっぱりヒロインだオドロキ君…。
次回作はもう一人の主人公になれるといいね。

オドロキの秘密は明らかになってない部分が多いので、
十分次回作のもう一人の主人公になれると思います。

スポンサーサイト
  1. その他ゲーム
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<DOD3延期が決まりましたね | top | ツイッターのアカウント取ろうかなとか考えるけど>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dieangeles.blog63.fc2.com/tb.php/1160-ee3f4870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。